ラプア 第11話

銃弾

「…えいっ!」

「ジュワッ!…シュウゥ。」

「まだまだですね。もう少し霊力をキープできるようにしないと打ち出すことすらままなりませんよ。」

「う~ん、何かイメージが湧かないというか…」

「そうですか。では、少しばかりお手本を見せて差し上げましょう。」

「ジュウウワッ!ドゴォ!」

ポリィが指先から放った霊力は見事に練習場の的のど真ん中を貫き、その的には銃弾が通ったかのような風穴が残った。

「ざっと、こんなモノですかね。慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、ビーさんなら必ずできるはずです。」

「それって、わたしがそのパーロット様とか言う人の子孫だから?」

「それもありますが、霊力自体は後天的にも伸ばせるものです。よくは分かってはいませんが、思う力が大きく関わっていると言う話を聞いたことがあります。まあ、中には霊力が私よりも大きいにも関わらず、使いこなせない者もいるのですがね。」

「ったく、余計なお世話だ!」

「スタ!」

「…聞かれてしまいましたね。」

「分かってたクセによく言うぜ、ポリィ。…ホンット良い奴のクセして性格悪リィよな。」

「とまあ、こんな様子で上手く霊力を使いこなせれば消えながらこっそりビーさんの練習風景を覗いていたスタも容易く感知できるのです。」

「あー、もう!ワイはもともと気が短い性分だからな、つい出てきちまった。ホントはビーが霊力をモノにして初めて隠れたワイの姿をとらえて欲しかったんだけどな。」

「意外とスタも茶目っ気あることするんだね。」

「やかましいわい!」

「それはそうと、霊力は打ち出すためだけではなくて多種多様な使い方があります。使い方を色々見ておいた方が後々楽になるかもしれませんから、練習を再開する前に他の幽霊の見学をしましょうか。」

「この昼過ぎの時間だったら練習している奴らは結構いるしな。フォームとか参考にするといんじゃねーか?」

「うん。」

「ブルゥーン!」

「遅れてしまって申し訳ないです、カボネ。」

「…ん?蜂?」

「ああ、ビーさんは初めましてですね。彼はカボネといって、私の一番の友人です。実は彼に、この城内での急激な霊力の増加の実態調査を頼んでおりましてね。悪いのですが、見学の方はスタと一緒にしてください。では。」

そう言ってポリィは去ってしまった。

「スタ、そういえば何でポリィはあのカボネって蜂に調査を頼んでるの?」

「人間よりも幽霊よりも動物や虫たちの方が霊力を感知しやすいからな。それにポリィはこの城の掃除、洗濯、配膳とか諸々の事やっててなかなか調査に時間を割けないからな。」

確かに性格は悪いけど、ポリィは生きるのをやめようとしたわたしを助けてくれた、言わば恩人だ。確かに性格は悪いけど、この城の幽霊たちに慕われているのも頷ける。

「そういえばあのカボネって蜂は喋れないのにどうやってコミュニケーションを取り合っているの?」

「ワイも詳しいことはようわからないんだが、ポリィのつけてる指輪で霊力の波長を合わせてるっぽいんだ。虫の霊力っつーのは確か人並みの幽霊の比じゃないとかって話だしな。

とりあえずポリィたちが帰ってくるまでに見学済ましてこうぜ。さすがにちょっと見ただけじゃ完全にモノにはできねーと思うけどコツはきっとつかめるさ!さあ、レッツゴー!」

…これからこの城に隠された多くの恐怖が降りかかってくる事など、今のわたし達は知るよしもなかったのだった。



Categories: