自由ー中場(JIYU-TYUBA) TAKE35

「クッソ、どうすればこのオシシ仮面状態(助けが来るも、全く役に立たない状態)から抜け出せるんだ!?」

「俺が、来た!」

「いやいきなり名言のパクリから入るのやめろォ!ケイ!」

TAKE35

最後に頼れるのは自分だけ

「まーいーじゃねーか、とにはかくにもこの花粉危険地帯(バイオハザード)をどうにかするのが先でしょ?」

「まだそのネタ引っ張ってんの!?」

「で、肝心の方法っていうのが…」

無視かい。

「TAMAが何やらすんごい装置を造ったようでね、これさえあれば町のみんなは花粉症知らずになるとかってさ。」

「もはやお前が医者になれってレベルだろこんなん!」

「いやいや、フィクションに突っ込むのはヤボでしょ。」

リアクションに困ること言うのやめてくんないかなぁ。

「オイ!いいから早くそれを使え!こちとら完全に置いてけぼりにされて困ってんだよ!」

「んだよー!!」

うわっ、あそこにけんどう部の連中とバカ院長と仙人とで忘れさられし者たちの会ができてるよ。

「全く、言われなくてもそのつもりだっての。それにさ、もうおめーらの出番、ねーから!速やかにお引き取りしちゃってくださ~い!!」

うわケイはケイで完全に止め刺しに来やがった。友だちとかにリアルでやったら嫌われるヤツじゃねーか、コレ。

「嫌われようが大丈夫。青田街の英雄だよ?あとの残りカスは動管省の連中だし。」

「何ファミ通の攻略本の決まり文句みてーなこと言ってんだオマエ!」

「オマエー!!」

「いやそれよりもケイの奴、何で俺の心の中読んでんの!?ただでさえイコイチャンネルは全体的にキャラが薄いとかどうとか言われてんのにそういうTAMAとキャラかぶりそうなことすんのやめてくんない!?」

「えっと、確か使い方は…」

「ムシしてんじゃねェー!!」

「…ねえ、これってどうやって使うんだ?」

「そんでもって使い方知らねーのかよ!!何でTAMA呼ばなかったの!?もしかしてアレか!?もうTAMAは薄いキャラを確立させるべく出番減らす的な作者の陰謀か!?」

「こういうのは一番大きなボタンを押せば動くモンじゃろ。ポチッとな。」

「ゴゴゴゴゴ、プシューッ!ウニョンウニョンウニョン。モチャチャチャチャチャチャ!」

「や、ヤバくねーか?」

「機械ではありえない異音がするな。」

「ドガーン!!」

「…あれ?黄色すぎて前が見えない!ニュースで見た中国の黄砂みたいだ。」

「どうやらあの装置が自爆したようだな。自爆はしたが、まだ原型は保っているからな、まだ使えそうだ。叩けば治るだろこんなのは。」

「えっと、誰ですか?」

「ああ、すり足先パイって言えば分かるか?あいにく、こっちもかなり視界が悪くてな。装置が目の前にあることだけ分かっているのが現状だ。」

「うわー!黄色いのにさらわれたー!」

「助けてー。目が、かゆいを通り越してイタイ!」

「あのバカ院長とアホ仙人はほっとく方が社会のためだな。」

「あれ?ここでカメラ回して動画上げてもタイホされないじゃん。どうせ前が見えないならさぁ。」

見えないけど分かる、こんなチキンレース思いつくバカはケイだけだ。

「はい皆さんこんにちは!ケイです。急なライブ放送の理由はこの青田街のある町、どんでん返市が花粉で立ち入り禁市になってて大気汚染や公害の恐れがあることをどこぞのマスゴミよりも迅速で正しく報道するためです。」

「元はと言えばお前と仙人のせいじゃねーか!タイホだ!」

「タイホだー!!」

「声のあるとこに行けばいるはずだ!」

「はずだー!!」

「…あれ?カメラだけ?」

「だけー?」

バーカ、そんな安直なワナにかかるから黄色とか緑レベルなんだよ。こっちはサーモスコープあるからどこいるかバッチリわかんだよ。さーて、エイト拾ってぶっ壊れ荘に戻るか、TAMAに頼めばこんな花粉なんかすぐになんとかできるだろうし。

この後、TAMAが装置を修理して町中の花粉の全てがしばらく消え去ったが、青田街の花屋がとばっちりで甚大な被害を受けたとか受けなかったとか。