自由ー中場JIYU-TYUBA TAKE46

「キャアアア!何かヘンな生き物がいるううううう!部長、助けて襲われる~!」

「…ほうほう、ヒヨコのはずなのに明らかに体系がヒヨコのそれではないとは。実に面白い。」

「無意識だろうがアウトォォォォォッ!!」

TAKE46

それでもアタマは回っている

「実に興味深い、まさか喋るとは。これはぜひとも解剖して中身を調べてその後は…ウフフ。」

「ぞぞぉっ!」

何でこの手の奴って拙者を造ったハカセもしかりヘンタイばっかなんだッピ!?この界隈にいるとアタマおかしくなる呪いでもあるんじゃないかッピ!?※ピョコルの身勝手な印象操作です。

「おやおや、顔がこわばっているよ。解剖された後のことを想像して興奮してしまったかな?大丈夫さ、ハアハア、ちょっとあんなことやこんなことをするだけだから安心してよ。」

あ、もうこれ何が何でも逃げないとアカンやつだッピ。

「そろ~っ。」

「おっと、逃げようとするのはやめておいた方がいいよ。何せこの動管省生物を守る部、動管省「せいぶつ部」から逃げられたものなど…チーターぐらいしかいない!」

「そこは正直に言うのかッピ!?」

「さあみんな、そこの希少なヒヨコっぽい何かを保護して解剖しようじゃないか!!」

「はい!」

「うぇい。」

「ほっほーい。」

「メェ~。」

「さっきから何かとツッコミどころが多すぎるッピ!」