投稿者: ChOcOl

渦 「ガチャッ」 と鍵の外れる音がして、 「ギイイイイッ」 と錆びた奇妙な音を立ててこのテーチ城の開かずの扉が開いた。ちょうどその時わたしは「存在しない何か」を感じた。扉の方は軽い気持ちで試してみただけだったので、まさか […]
十五年前、世界では動画サイト内での犯罪レベルの奇行及び違法アップロードなどの数々の問題に目を向け、それらを処理するための法律である動画法が多くの国で作られた。日本もその例外ではなく、政府は動画管理省、縮めて動管省を設け、 […]
解放 わたし達が食堂に着いた頃、すでに他の幽霊が多く集まっていた。 「よう、城内は面白かったか?」 話しかけてきたのはラウンで、そこにはラウンをはじめとした白くて丸っこい、オーソドックスな幽霊たちが八人座っていた。スタが […]
残像 城内を案内されて最初に着いた部屋は、食堂だった。キッチンの中までは見せてくれないようだが、キッチンから一人の幽霊が出てきた。 「ったく、どっかの執事さんのせいでただでさえ面倒な料理が一人分増えちまったじゃねーか。」 […]
火の玉 幽霊のみんなが部屋から出て、一段落すると夕方になっていた。ポリュビオスから落ち着いたら城内を案内すると言われていたのを思い出した。 わたしの身の周りで起こったことは正直今でも信じられない。優しい?幽霊に会ったおか […]
侵入者 嫌だ。 「ベアトリクス、あなたに休憩なんてないんだからさっさと残りの部屋も片付けなさい!」 嫌だ。 「何?逆らう気なの?親のいないあなたを誰がここまで育ててやったと思ってるの!」 嫌だ。 「アンタみたいな存在価値 […]